三重県で、美味しい麺料理がいただけるお店を紹介します。

三重県で、美味しい麺料理がいただけるお店を紹介します。
鈴鹿市にある、四国大名うどんというお店は、うどんの美味しいお店です。
肉あげうどん(740円ほどだったと思います。)は、具材の牛肉が、スープの旨みと良く
合い美味しかったです。また、具材の、カットされた、昆布や、ネギ、かまぼこ、油揚げなどの
旨みも、スープの旨みと良く合い美味しかったです。麺は、中細麺だったと思います。
その他、おでんや、大海老天うどんや、きつねうどんなどもあり、色々な味が楽しめるお店だと
思います。
津市にある、きのさきというお店は、うどんの美味しいお店です。
味噌の煮込み(1000円ほどだったと思います。)は、中太麺に、コシのある、麺の旨みが、
赤味噌を使用している、コクのある、スープの旨みと良く合うおいしい一品でした。また、具材の
鶏肉や、卵、ネギ、かまぼこなどの旨みも、スープの旨みと良く合い美味しかったです。
その他、山かけそばや、野菜天うどんなどもあり、色々な味が楽しめるお店だと思います。

ハロウィンのお化けカボチャを柿で見立てる日本人

ハロウィンと言えば、オレンジのお化けカボチャがマスコット的存在ですよね。
最近、このお化けカボチャを柿でも作っているのをチラホラ見かけるようになりました。
確かに、オレンジで形も似ています。
意味合いはちょっと違ってきますけどw
柿に黒い紙などで目や口をつけると、確かにジャック・ザ・ランタンと言えなくもない・・・カモ(汗)
柿って東アジア種で、基本的にはアジアで作られアジアで食べられる果物です。
南米やオセアニア、それとなぜかヨーロッパではイタリアでのみ作られていますが、いずれもおそらくはアジアより伝来したのでしょう。
なのでおそらく、ハロウィン発祥のヨーロッパでは、お化けカボチャを柿で見立てるということはないと思います。
これはまさに日本人の発想でしょう。
ハロウィンの風習が日本にも根付いてきた結果、また日本オリジナルのハロウィンが生み出されていくのかもしれません。
いずれはヨーロッパのハロウィンと似て非なる日本式ハロウィンが浸透していくのかもw金利 安い キャッシング