和風におけるティーンエイジャーヤツタバコタブー法と海外での差異

N・MはN・Hの指摘には応じないどころか、まったく聞き流すように語を継いです。
「こういう声明は皆さんも気休め程度に耳に入れておいてください。例えば欧州の一部の分野では若者下部でタバコが解禁されます。そしてその大半は二十年代を前にタバコを遠ざけます」
N・MはS・Kに向かって自分を乗り出した。
「どうしてだか聞き取れるか?」
 西洋のタバコ道筋は和風とはまた違うようだ。N・Mは満面の笑みを浮かべてS・Kの返信を迎える。ちょこっと考えてからS・Kは必ず捻り出すように答えた。
「んー……ダサイから?」
「そんなに!その通り!」
「え?そうなの?お前すげえな!」
N・Tが馴れ馴れしくエールを漏らした。
N・Mはぐっすりぞそこに気付いてくれたと言わんばかりに掌中で膝を打ってS・Kを指差した。三人の保護者は相槌を打っていたが、S・Kはいまだに半信半疑で困惑しているように言える。
「遅かれ早かれ、ちゃんはすでに二年齢足らずで適切おとなです。その時になってもまだまだ吸い積み重ねるのか、それとも此度辞するのかはちゃんのフリーだ。よし、これから本題に舞い戻りましょう」