情報の拡散と伝達が早く実社会に影響を及ぼしている現状

趣味で鮎釣りをしています。一昔前までは鮎の遡上情報や放流情報は漁協組合からの情報のみで、伝達手段は新聞やニュースのみで、鮎がいてもいなくても解禁日は大勢の釣り人で賑わったものです。現在はパソコンやスマホの発達で鮎の情報は漁協だけでなく、一般の人からも発信されます。発信されると真偽を確かめる人がいて、その人が又発信し、情報は一気に拡散します。普通の年は、鮎の情報は鮎が多いとか例年並とか例年より少ないくらいでしたが、私の住む県での鮎の情報は違いました。
例年鮎が非常に多く遡上する一級河川が今年は全く遡上がありません。漁協は遡上が遅れているだけだという情報を発信しましたが、一般の人が潜水調査した結果、昨年の10%以下だ!という情報が発信されました。その後別の人も潜水調査し、全く見えないという情報を発信しました。この情報が一気に拡散し向かえた解禁日は例年の釣り人の100分の1でした。つまり川には釣り人がほとんどいなかったのです。ぞっとする現状です。鮎釣りに来る釣り人の落とすお金で生計を立てている人が沢山いる川です。
逆に特別採捕といって解禁前に試験的に釣りをして沢山鮎が捕れた川がありました。解禁日3日前の情報です。これも一気に拡散し解禁当日は例年の5倍の釣り人でした。
情報の伝達拡散の速さがこの天国と地獄のような現実を思い知らされた日でした。低金利 即日 ローン

ながら運転は極めて危険─でも「何とかなるさ」も大切

ポケモンGOをしながら運転していた男にはねられて小学生が死亡した事故がありましたが、運転中にポケモンGOなどのゲームができなくなるような対策は必要だと思います。
私は、1度に複数の作業をすることが苦手なので、車の運転はできません。そのため、運転しながらスマートフォンをいじるなんて、考えただけで恐ろしいです。彼らは「自分は何とかなる」「自分には事故は起きない」と自信があるから、運転しながらでもスマホをいじるのかもしれませんが、運転しながらスマホをいじったりすることは極めて危険です。
しかし、「何とかなるさ」の精神は自分にも欲しいものです。私は、自転車をこいだり歩いたりする場合でさえ、人を傷つけてしまうのではないかという恐怖から、外に出ているときは非常に緊張しています。故意でも過失でも人を傷つけてしまうなんて通常は起こらないことなのだということは頭では知っているので、多くの人は、嫌なことが起こる恐怖なんて頭では知っていても考えて不安に陥ったりはしないそうです。いちいち不安になっていたら、怖くて外に出られないし、また穏やかに過ごせないからのようです。日々を穏やかに過ごすには、いちいち不安になったりはせず、「何とかなるさ」と思えるようになりたいものです。http://www.fcgsl.org/