とある若者の、棄権印象で覆われた風情を変えた勇気あるひと言

「他に設問が無ければ概要会はこの辺にして、希望者のみ入門工程に移らせていただきますが、いいですか」
 N・Mが概要会を締めくくろうとすると、見慣れない顔が高らかに握りこぶしを挙げている。
「わ、Y?」
横の奥さんが今にも腰を抜かしそうな外見でビックリ。今の今まで講堂の片隅でただ座り込んでN・Mの話を聞いていらっしゃるのみだったK・Yという無口そうなティーンエージャーは
「己、入門する」
 敢然とそう言い残すと立ち上がって奥さんをセルフ残して、講堂の入り口に伺うなり黙々と靴を履き始めた。
「イヤッホー!」
 N・TとS・Kが握りこぶしを叩いて拍手と共にK・Yを見送った。しかし、寡黙なK・Yの報告はこれっきりだった。K・Yは立ち上がると、道場の概要会に訪れた参加者の中でとにかく割高図体で礼すると、専ら自ら帰ってしまった。
 K・Yは天然の寡黙なのか、わざと口を噤んでいたのかは分からず終いだったが、N・T、S・K、N・Hなどの色濃い面目の中でK・Yのようなティーンエージャーがここぞという時に思い切って発言したのはずいぶん勇気ある行動だったとおもう。ミュゼ 腕