物語の龍のもうひとつのパターン化された動きなどの話をします

その龍達は、防御して、開いて、防御して、開いてなどの、動きもあります。はっきり言って怒る気すらしなくなるような、状況の中で、あっても、時間は流れていきます。生きてる限り、人は、誰であっても自然に対し、平等の意味を、もたらしている。その中で、得るものが、ひとつの物事に対しても、違うのは、個人差が、あることの証明である、それは、個性の成り立ちから、本人の、それぞれの価値観に、対する追及など、いろいろなことを、考えて。生きてきた過程の続きがあって、今は途中経過となります。当然残された時間があることにも、制限が生じることが、分かるから、あせりからなのか、時として悲観的な気持ちに、染まることだってあるし、次第に自分の、気持ちが、自分に追い込まれていく。だけど、それも全体に対し、ある意味での、バランスを、とることの意味とするのならなどと、思う時もあります。楽しいことしかない人生なんて、どう考えてもありえないし。だけどつまらないばかりの人生なんてそうそうないと思うし。もし、そんな人が世間にいるのなら、怖いと思いますhttp://www.losangler.net/